2009年06月04日

井上陽水『40th Special Thanks Tour』

井上陽水さんの40周年コンサートに行った。
とってもとっても楽しかった!
陽水さんから次々と出てくる感謝の言葉に
ふふと笑ってしまった。

「Happy Birthday」すぐに立ち上がりたくなるような
音楽で始まる。でも、誰も立ち上がらない?うずうず。
静かな曲が続くと思っていたので、驚いた。

リズミカルな曲を歌ったかと思うと
艶っぽい曲になったり、悲しげな曲になったり、
さわやかな曲になったり。
その変化に魅了された。

忌野清志郎さんと陽水さんお手製のカレーを
食べた後作ったという「帰れない二人」

6月にしか歌えない歌ですと紹介しながら
5月にも歌いますけどね。と「自然に飾られて」

MCが面白くて、何度も笑ってしまった。
途中、固まっている姿も。w
言葉がどんどん出てくる人だ。大人の魅力を感じた。

「限りない欲望」はカバーで聴いたことがあるが
イメージがまったく違った。よかった!!
「最後のニュース」を聴くと、ニュース番組の
エンディングだったことを思い出し、一日の
終わりを感じる。
「少年時代」は、大好きな曲なので、生で聴けて
本当にうれしい。
知っている曲は、3分の1くらい。それでもとっても楽しい。

「アジアの純真」これはもう立ち上がらなくちゃ!
まさかこの場で聴けるとは!会場中、ノリノリ。
「Love Rainbow」では、ご当地コーラス隊も登場し、
イイ感じ。CMを思い出す。
歌った後コーラス隊の一人の方が、「作詞、作曲で
魔法が使えるのですか?」と聞いていた。
陽水さんは、「うーん、お茶はいっぱい飲みますけどね」と
言っていた。ふふふ。言葉の魔法は使えそう。w
「夢の中へ」でまたノリノリに!
もう拍手は鳴りやまない。

「福岡から来た親戚もいない、縁もゆかりもないこの
土地でこんなに拍手をいただけるなんて」というような
ことを言っていた。
こちらこそステキな音楽をありがとうございます。

バンドになにやら合図をすると、「いっそセレナーデ」が
流れる。もしかして、おまけ?

プラシーバ、ダンケシェーン!ありがとう!

01.Happy Birthday
02.青空、ひとりきり
03.闇夜の国から
04.Make-up Shadow
05.とまどうペリカン
06.カナリア
07.帰れない二人
08.飾りじゃないのよ涙は
09.リバーサイドホテル
10.ジェラシー
11.自然に飾られて
12.ドレミのため息
13.クレイジーラブ
14.限りない欲望
15.氷の世界
16.最後のニュース
17.少年時代

アンコール
18.アジアの純真
19.Love Rainbow
20.夢の中へ
21.いっそセレナーデ

こちらでは、オダギリジョーが「傘がない」を熱唱!?
なんだかとても印象的。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=ezsOpKlwNjk
タグ:井上陽水
posted by いのーば at 07:57| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。