2009年10月23日

HIDEAKI TOKUNAGA CONCERT TOUR 2009 WE ALL

10月18日(日)茨城県立県民文化センター
徳永英明コンサートツアー2009「WE ALL」へ行く。

オルゴールバージョンの「WE ALL」が流れて、幕があがる。

「永遠に」からコンサートは始まる。
意外な曲だった。テレビ番組で徳永さんが歌っているのを
聴いて、また聴きたいと思っていたのでうれしい。

「透徹の空」
コンサートに行く車の中で「透徹」ってなんだろうね?と
話題になっていたので、「とうてつだ!」とすぐ気付いた。
すきとおっていること。澄みきっていること。

前列に男性がずらりと並んでいた様子。
「愛の歌の時には覚悟しとけよ」って言ってた。ふふふ。
赤い太陽の日みたい。w

「砂時計」
平成のレイニーブルーのような感じが好き。

「ガラスの星座」
徳永さんの星という歌詞が入った歌を聞いていると
目の前にたくさんの星が現れてくるんじゃないかと思う。
きらきらと。
「瞬いていた星たち・・・♪」という部分が好き。

「レイニーブルー」
雨が降っているかのようなライト。
こんなに力のこもったレイニーブルーは初めて!
とってもステキだった。
もっともっと聴いていたいと思った。

「大事にするよ」
「WE ALL」のアルバムの中で一番最初に出来た曲らしい。
「大事にするよ」ステキな言葉。
大事にするよとか愛してるとか、きちんと想いを込めて
さらりと言える男性っていいなあと思う。

「抱きしめてあげる」
切ない感じが好き。

「僕のそばに」
男の人にこの歌を歌われるとどきっとする。サビの部分が
大好き。

歌は、淡々と歌うのがいいと言っていた。
「レイニーブルー」も「僕のそば」にも淡々と。音をまっすぐに出す。
カラオケ指導のようでうれしい。
カラオケでレイニーブルーを歌っている人と徳永さんの大きな
違いは、「淡々と」だ!解決!
素人が歌うと波をつけるからくどく感じるのかも。
歌は笑顔で歌ってとも言っていた。
悲しい歌も心の中では好きな人や素敵な景色を思い描いてと。
徳永さんの歌を聴けば、怒りもおさまって笑顔になるよと言っていた。
うんうん。

「恋人」
徳永さんが初めて作詞した歌と言っていた。

「輝きの詩」
曲が流れると立ち上がりたくてうずうず。歌い出してすぐ立ち上がる!
徳永さんの歌を聞きながら、揺れていると気分がいい。

「夢を信じて」
「恋の行方」
「情熱」
「壊れかけのRadio」
恋の行方がかかると、もううれしくてうれしくて!
情熱最高!徳永さん最高!ドラムも最高!
壊れかけのRadioも熱唱。いつもより熱唱している歌が多いので
うれしい。

アンコール

「翼はなくても」
バラードなので、お座り下さいと言って曲が始まる。
とってもやさしい気持ちになれる曲。

「風と空と海と」
「Hello」
「LOVE IS ALL」
3曲とも盛り上がった。楽しい、楽しいよ!
「風と空と海と」のすがすがしい感じ、大好き。背景の青空がとっても
キレイで野外で聴いている気分になれた。
「Hello」は新鮮な気持ちで聴きたくて、まだCDを買っていなかった。
とってもとてもよかった。CD買いに行かなくちゃ!
「LOVE IS ALL」で思いっきり手を伸ばす。
客席のみんなの気持ちが徳永さんに届いたかな。

「風と空と海と」の前に、客席の女の子から巨大チュッパチャップスを
もらう徳永さん。マイクのようにしてみたり、渡嘉敷さんに
「これで叩く?」って言ってた。あはは。
そして、それは起きた。
風と空と海との途中、ジャカジャーンというところで徳永さんが
決めポーズをして、「あっ」という顔をして、照れ笑い。
照れ笑いの意味はなんとなくわかったのだけど、曲が終わってから
ばっちり理由が分かる。
気付いたら仮面ライダーのような決めポーズをしてしまって、
自分の年齢を考えると「しまった!」と思い、その後の歌の間
ずっと吹き出しそうだったと。あはは。
その上、あのチュッパチャップスをもらっちゃったけれど、本当は
あげようとして出したんじゃなかったんじゃないか?と心配してたらしい。
ふふふ。
曲が終わってから、何度もその女の子に確認してた。
そして、「若いファンは大切にしないと」って。あははは。
これからのファンも大切だね。

徳永さんは、このコンサート会場を「響きのいい会場」という。
椅子のあるライブハウスのような小さなホールでのコンサート。
今回もたくさん歌声が響きわたって、ステキでした。ありがとう。

前回は、もっと聴きたい!少し物足りないと思ったけれど、
今回は、大満足でした。楽しかったーーー。本当にありがとう!


1.永遠に
2.透徹の空
3.砂時計
4.ガラスの星座
5.レイニーブルー
6.大事にするよ
7.抱きしめてあげる
8.僕のそばに
9.恋人
10.輝きの詩
11.夢を信じて
12.恋の行方
13.情熱
14.壊れかけのRadio
15.翼はなくても
16.風と空と海と
17.Hello
18.LOVE IS ALL
posted by いのーば at 20:39| Comment(0) | 徳永英明 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。