2010年07月10日

映画『フローズン』

フローズン 怖いけど、気になる映画の
 予告を観てしまった。Σ(゚д゚;)
 その映画は、「フローズン」。

 地上15メートル、
 気温マイナス20度の
 リフトに置き去りにされ
 食料も携帯電話もない
 絶体絶命の状況を
 描いたパニックスリラー。
 スキー場の営業再開は
 1週間後という最低最悪の
 状況で、登場人物たちを
 襲う寒さと飢え、孤立感を
 あぶり出す。

私は、高所恐怖症なので、リフトに乗った日の夜は、
必ずリフトから落ちる夢を見る。クワッドリフトに
乗った日には、振り落とされる夢を見る。
地上15メートルに置き去りなんて・・・・。
考えただけでも気持ち悪い。(ノ_・。)
このポスターも気持ちが悪い。

私の大好きなゲレンデ、高畑スキー場は、リフト途中に、
ネットが張られているような高所がないので、落ちる夢は
不思議と見ない。だから、いざという時は飛び降りれそう。
それに、リフトの運転終了の時には、リフト降り場の
おじちゃんがリフトに乗って下るはずだから、絶対に
置き去りなんてことはないはず。おじちゃんとすれ違うはず。

・・・なんて、自分がスキーに行った時と照らし合わせて
絶対私が行くスキー場では、そんなこと起こらない!と
心を落ち着かせる。ふぅ。

予告を観るだけでも、寒くなる映画だ。
映画館で観るなんてとても無理。でも、気になる。
3人がどうか無事でいて欲しい。ううう。
posted by いのーば at 21:21| Comment(0) | ドラマ/映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。