2007年08月14日

『逃亡くそたわけ』絲山秋子


「どうしようどうしよう
夏が終わってしまう」
軽い気持ちの自殺未遂がばれ、
入院させられた「あたし」は
精神病院からの脱走を決意。
「なごやん」を誘い出し、
彼のぼろぼろの車での
逃亡が始まった。
オススメ度 満月満月満月半月新月



  
するっとココロに入ってきた。

私は旅が好きだ。
高速道路じゃなく、国道、県道、市道をひたすら走る。
一般道を気ままに走るのが好き。
このままどこまでもどこまでも走っていきたいと思うことがある。

この話でも、ただひたすら南へ疾走する。
悩んで、笑って、泣いて、迷って、驚いて・・・。
南へ南へ進んでいく。

逃亡するのもいいかもしれない。

複雑な気持ちになりながらも、途中、
ぷぷっと笑ってしまうところがある。そこがいい。

九州にも車で行ったことがあるけれど、
佐賀と長崎しか立ち寄れなかった。
この本を読んで、まだまだ行きたい場所はたくさんあると
思った。

映画は、美波、吉沢悠、木下ほうか、吉野公佳出演。
公式ホームページは、こちら。2007年秋公開予定。

吉沢悠さんは、ドラマ「恋愛内科25時」を観て
かっこいいなあと思った。このドラマの続編も観てみたいなあ。
posted by いのーば at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(原作本) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51296390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。